Becoming Michelle Obama【Audible】

邦題はマイ・ストーリー

ミシェル・オバマによる自伝です。

アメリカの歴史で初めて、黒人のファーストレディとなったミシェル・オバマ。

日本人にとって、夫のバラク・オバマは近年のアメリカ大統領の中で、最も愛される人物だったのではないでしょうか?

彼女の自伝を手に取った理由はこちら。

・英語のリスニング学習がしたかった。
・ノンフィクション作品が聴きたかった。
・Becomingの人気が高かった。

ハワイ旅行のとき、高速道路を運転してくれていたUberのドライバーさんが、ちょっと得意気にこうおっしゃいました。

これはオバマ元大統領に関係がある建物だよ!

やっぱり地元の人に愛される大統領だったんだ。

新婚旅行での忘れられないシーンです。

目次

はじめに

「大人になったら何になりたい?」

という質問を子供にするのは無意味だ。

大人になるのは一度きりではなく、さまざまな場面を経験するから。

弁護士からキャリアをスタートしたミシェルは、アメリカ合衆国の大統領夫人を経験し、今はまた違う道を歩んでいる。

ぼくの人生だって同じ。

ビジネスマンであり、モモちゃんの父親であり、猫の飼い主をやりながらも、妻にとっては夫業をやっている。

「何になりたい?」という質問が「どの職業をえらぶ?」という質問だとしても、一生を通じてひとつの職業だけに固執することは、もはや現代的ではないだろう。

子供のころのぼくは、「何になりたい?」という質問に「総理大臣」とか「歌手」と答えていた。

その答えが本心だったのかと自問すると、もしかすると当時から大人の評価を気にしていたのかもしれない。

確かなのは、仲間や家族のような、「他人」がいてくれるからこそ「ぼくは○○である」といえることだ。

BECOMING ME

大人から、しっかりとした学習の援助をしてもらえなかったら、ちいさな子どもでも、自分が軽んじられていると感じる。

ぼくたちが学習するのは、壁を越えてもっと先まで行けるようにするためだ。

ミシェルにとっての「壁」は人種差別や収入格差。

壁を越えて、もっと先まで行けるようになるために学習します

黒人を取りまく環境だけが問題ではない。

ぼくたち日本人にとってもたくさんの「壁」があります。

たとえば、ぼく自身は、英語力が足りていないことで、海外移住や外国人とのスムーズなビジネスに「壁」を感じる。

英語力だけではなく、さまざまなスキルが高ければ、「壁」を乗り越えて、今よりもっと広いフィールドで人生を満喫できるでしょう。

ぼくは、「Becoming」を聴いていても、ミシェルが話している内容をスムーズに理解できません。

理解できないところは、日本語訳を参照したり、何度もくり返し聴いたりすることで、理解できるように努力しています。

わからなすぎて本当にしんどいですが、「壁」の向こうの、新しい世界を見てみたいという願望で、なんとか学習を続けられています。

渦中

ぼくたちは、「渦中」にいるときに、衰退しているという事実を正確にとらえることがむずかしい。

何年も経ったあとに、ようやく「あのとき衰退していた」という事実に気づくことが多いですよね?

ぼくたちが住んでいる、日本という国は衰退しているのか?

日々、誠心誠意、勤めている事業は衰退しているのか?

世界には、自分自身の努力だけでは、どうにもならない衰退が確かにあります。

「渦中」である今現在は気づけないかもしれません。

しかし、いざというときに衰退に立ち向かうことができる力を身につけておきたいと感じています。

Audibleで英語リスニング

このオーディオブックはミシェル・オバマ自身の朗読によるもの。

彼女の、優しくゆったりとした語り口が心地よく、英語ニュースや海外ドラマよりも、はるかに聴き取りやすい。

だから、ぼくのように英語リスニングが苦手な人にもおすすめなんです。

Audibleで、どれを購入するか悩んでいるときのこと。

実は、なんとなく簡単そうだという理由で、子ども向けのファンタジー作品を聴くことも考えました。

しかし、日常英語の上達が目的だったのでファンタジー作品はやめました。

「Becoming」は約19時間の作品。

元ファーストレディが、長時間の朗読をしてくれるとは、それだけでも、ものすごい価値ですよね?

すごく長い作品なのですが、最大3.5倍速にできて、再生時間を約5時間30分まで短縮できるので、英語上級者はチャレンジしてみてください。

モモパパ

3.5倍速は、ぼくには手も足もでません…。

ぼくは、彼女の美しい語りを楽しむ意味でも、通常の速度がいいと思います。

まとめ

今回は、ミシェル・オバマの「Becoming」の冒頭部分をご紹介しました。

彼女がバラク・オバマ元大統領と出会うのは、もう少し後の話。

ミシェルとバラクが、どうやって恋に落ちるのか…?

ぼくは、オーディオブックだけでは内容が理解できないので、書籍版も合わせて「聴く」と「読む」をくり返して学習しているんです。

ストーリーがおもしろいので、苦戦しながらもなんとか勉強が続いていますよ。

はじめてAudibleに会員登録する人は無料体験できるので、ちょっとでも興味がある人は、聴く本にチャレンジしてみてはどうでしょう?

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

・投資家でパーソナルトレーナーのモモパパ
・看護師のモモママ

それぞれの目線で子育てに関する情報を発信していきます。

モモちゃんは2021年産まれの0歳児。

これから赤ちゃんを迎える人や、絶賛子育て中の人に読んでいただけたら嬉しいです。

目次
閉じる