父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。【Audible】

パパ、どうして世の中には、こんなに格差があるの?
人間って、バカなの?

モモパパ

どうやって伝えるべきだろう…。

ぼくは娘を授かったばかり。

成長した娘に、このような質問をされたとき、しっかり答えられるだろうか?

著者の娘のセリフにギクッとするはじまりでした。

目次

著者/翻訳者/ナレーター

著者

ヤニス・バルファキスさんはギリシャの政治家であり経済学者。

アメリカの金融危機がギリシャに及ぶことを、予想していた人。

翻訳者

関美和さんは、FACTFULNESS(ファクトフルネス)の翻訳が有名。

ハーバードのMBAを経て、モルガンスタンレー入社という輝かしいポジションを43才でを退職し、ゼロから翻訳家になった人。

ナレーター

野村達也さんは、ナレーター、声優、実況アナなど、幅広く活躍している人。

「父が娘に語る経済の話」の感想

・簡単に、経済の勉強がしたい。
・子どもの質問に答えられる大人でありたい。

モモパパ

娘さんのために書かれた本だから、大人は簡単に理解できると思いました。

経済について、ある程度理解しているが、人に説明できるくらい理解しているか、というと自信がない…。

子どもの質問を、「○○に聞いておいで」と、人任せにすることは、なるべくしたくない。

世の中には、プロにお願いしたほうがいい質問内容もあるとは思いますが、身近に経済のプロっていますか?

もしも、冒頭の質問に対して、「学校で、先生に聞いておいで」と人任せにしてしまったら、経済の専門家ではない先生は、「なぜ、私にふったんだろう…?」と困るだけで、適切な回答は得られないだろう。

  • ぼくたちにとって、あたり前の日常が、他国の人にとってはあたり前だとは限らないこと。
  • 格差があるのは、優れているとか、劣っているということが理由ではないこと。
  • 経験価値交換価値はまったくちがうこと。

ぼくは、成長した娘に、そうゆうことを伝えたい。

まとめ

妻がいて、娘がいて、猫がいて、穏やかにすごしているときが、人生で一番幸せな時間なのかもしれません。

○○年後は、今よりも高い収入を得て、いい生活をしているはず

交換価値(お金)を重視していたときは、このような根拠のない妄想にとらわれて、現実に満足できていなかったような気がしています。

お金は、幸せになるための手段のひとつであって、目的ではないということは、だれでも知っている事実ですが、日々の思考や行動に落としこむことは、なかなか難しいもの。

交換価値よりも経験価値が重要だということを再認識すると、家族が仲よく健康にすごせている日々が、何よりも貴重だということが理解できます。

パパ、どうして世の中には、こんなに格差があるの?
人間って、バカなの?

将来、娘の質問に答えるために聴きはじめた、こちらのオーディオブック。

経済の勉強をはじめてようとしている大人にもおすすめです。

はじめてAudibleに会員登録する人はこちらから無料体験できますよ。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

・投資家でパーソナルトレーナーのモモパパ
・看護師のモモママ

それぞれの目線で子育てに関する情報を発信していきます。

モモちゃんは2021年産まれの0歳児。

これから赤ちゃんを迎える人や、絶賛子育て中の人に読んでいただけたら嬉しいです。

目次
閉じる