育児と子育てと親業のちがいについて

  • URLをコピーしました!
  • 育児
  • 子育て
  • 親業

それぞれ何がちがうのか?

英語だと、どう表現するのでしょうか?

目次

育児

小学校に入学する前の乳幼児を育てること。

育児は、愛情栄養養護に分かれています。

赤ちゃんが生きていくために必要不可欠なのが育児です。

愛情

育児の基本です。

話しかけたり、スキンシップしたり、遊んだり、笑いあったり。

愛情なしで育児は成り立ちませんよね。

栄養

母乳やミルクからはじまって、離乳食に移行していきます。

赤ちゃんは、栄養がないと生きていけません。

養護

オムツを替えたり、外気浴したり、生きていくために必要なのにもかかわらず、赤ちゃんひとりでは、できないことがたくさんあります。

赤ちゃんが、健康に育つためには欠かせませんね。

Childcare

育児を英語でChildcareと表現します。

日本でもたまに目にします。

子育て

小学校に入学した後の子どもを育てること。

安全に生きられるようにすること

交通ルールを教えて、交通事故にあわないようにしたり、知らない人についていくと危ないというような、安全に生活するために必要なことを教えます。

教育を受けさせること

学習やスポーツを教えること。

子供の人生の選択肢を広くするために教育は必須です。

問題を解決すること

生きていれば、子どもだけでは解決できない問題が起きるでしょう。

子どもだけでは、どうしようもないような問題に直面したときは、親が子どもと一緒に問題を解決します。

職業選択をサポートすること

子どもが独立するまでが子育てだとすると、子どもが職業をえらぶうえでの、手助けをすることが、親としての最後の役割かもしれませんね。

Parenting

子育てを英語でParentingと表現します。

Parentingには、子育ての他に親業という意味もあります。

親業

親業とは、「一人の人間を生み、養い、社会的に一人前になるまで育てる」仕事にたずさわること

日々なんとなく親として生きるより、「親=仕事」という感覚をもつほうが、背筋がのびます。

ムリは禁物ですが、このような意識を持つことは大事なこと。

一歩ずつ、親としての仕事を覚えていきたいです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

モモは2021年3月生まれ。

新しいことを学んだり運動したりするのが大好きな女の子です。

このブログでは、音楽事務所で働くぼくと、看護師の妻が、子育てをしていて感じたことや、子育てのヒントを記していきます。

2023年にリニューアル予定です。乞うご期待!

目次