子どもに夢とお金について話すこと

  • URLをコピーしました!

お金と夢は相反するものではありません。

この記事はそれを証明するものです。

なぜ、お金と夢の両方の大切さを子どもに教えるべきなのかを説明しています。

親や教師が私たちに言ってきたこと、そしてその言葉がいかに私たちを危険な道へと導いてきたかを探ります。

お金が夢の実現にどのように役立つのか、その真相を学びます。

夢を持つこととお金の大切さを子どもたちに教えたい人は、ぜひ読んでみてください。

目次

“夢とお金 “を子どもに教えることが必要な理由

夢とお金は、子どもが成長するにつれて大切になってきます。

親や教師が「夢とお金は関係ない」「お金は汚いもの」と植えつけてしまうことがよくあります。

そうすると、子どもたちは夢やお金に対して不安を感じるようになります。

失敗したらどうしようという不安から、夢を追いかけることを恐れたり、両立させなければならないというストレスから、夢を追いかけることをやめてしまったりすることもあるのです。

お金と夢は両立するものであること、そして、両立させることで夢が叶うことを、私たちは子どもたちに教えていくことが大切です。

夢とお金について教えることは、子どもたちが自分の可能性に気づき、夢のある人生を築くためのお金の使い方を学ぶことにつながるのです。

“夢とお金は両立しない “という誤解を解くために

「夢を追いかければ、お金は後からついてくる」という言葉をよく耳にします。

しかし、これはお金が重要でないことを意味するため、誤解を招くことがあります。

これは単純に真実ではありません。

お金は人生において重要な要素であり、夢を実現するために役立ちます。

お金は教育費にも、新しいビジネスのアイデアにも、将来への投資にも使えます。

大切なのは、子どもたちに夢とお金をうまく組み合わせる方法を教えることです。

お金と夢について、親や先生からのアドバイス

親や教師がお金や夢について話すとき、その助言は矛盾していることがあります。

親は子どもに節約や質素倹約をするように言い、教師は大きな夢やリスクをとるように言うことがよくあります。

親は、子どもが報われないようなリスクを負うことを心配し、そのための資金がない場合もあります。

しかし、これは子どもたちがリスクを冒してはいけないという意味ではありません。

うまくいかないものに投資しても、お金が完全に無駄になるわけではありません。

大切なのは、賢いリスクと無謀なリスクの違いを子どもたちに教えることです。

バランスをとること。夢をかなえるお金の使い方

お金と夢のバランスをとるには、賢い経済的目標を設定することが大切です。

子どもたちに夢を語り、現実的で達成可能な目標を設定させること。

目標を持つことは、リスクを取るべきときと、そうでないときを知ることにもつながります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

モモは2021年3月生まれ。

新しいことを学んだり運動したりするのが大好きな女の子です。

このブログでは、音楽事務所で働くぼくと、看護師の妻が、子育てをしていて感じたことや、子育てのヒントを記していきます。

2023年にリニューアル予定です。乞うご期待!

目次